• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’10.14・Wed

Thanksgiving@かなだ

9年くらい前にアメリカへ行った際、
Thanksgivingを体験した私ですが。


今回、カナダへ来て初めてThanksgiving Dayを味わいました!

学校は移民者を対象としている大学のコースということで、
カナダのThanksgivingについての勉強を金曜日にしました。

アメリカでは11月にThanksgiving dayがありますが、
カナダでは一足早く、冬に入るということといろいろな歴史的な経緯で
(これがまた奥が深いというか、ややこしい・・・・Jamesですら初めて知った事実!)
今では10月の第2月曜日がThanksgiving@かなだとなっています。


ということで、本日近所に住む妹セラと私ら夫婦で
エドモントンから40分ほど南下してHay Lakesの実家へ行ってきました。

今日はJamesの3番目の兄さん家族と奥さんの妹とその子どもが集まり、
いつもながら賑やかな牧場となりました。


父さん、余計なことを母さんの前で言いました。
目玉のおやじ「ほとんどクリスマスの時の食べ物と一緒だよ。お皿以外はね!」

な~んてニコニコして言いますけど、母さん昨日の夜からせっせと
みんなのために支度して来てるのに・・・・・


母さんは何でも自分でやっちゃいますから、
私はテーブルのセッティングくらいのお手伝いで
後はリクライニングチェアに座って
セラとおしゃべり。

日本の我が家では絶対にあり得んことです。
ホント、こちらに来てお手伝いとは無縁の家族に
とってもいい気分を味わわせてもらっております。

さて、Thanksgivingと言ったら、学校で勉強した資料の中には
cornucopiaという巻貝のような形のかごにお野菜を入れて飾ったり、
パンプキンパイがカナダでは主流なんだとか。

のんびりらいふ@かなだ-サンクスギビング1

のんびりらいふ@かなだ-サンクスギビング2

のんびりらいふ@かなだ-サンクスギビング3
ということで、我が実家のデコレーションはこんな感じでした。

まだいろんなものが飾ってありましたけどね。ざっとこんな感じ。

2時からお食事が始まり、今日はこれ↓
のんびりらいふ@かなだ-サンクスギビング4
今回はオーブンなどで焼かず、スロークキング用のオーブンで焼きました。
だから、焦げ目の無いターキーの出来上がり。
スタッフィング(中に入れる具?)はビュッフェの中でお皿に取り分けます。
のんびりらいふ@かなだ-サンクスギビング5
グレービーソースもクリーム色のグレービーソースでした。おいしかった。

ジュースも自家製アップルソーダーに少し手を加えたもの。

もちろんお野菜もたっぷり!!
私が生のプロッコリーや人参、カリフラワーが好きじゃないことを知ってか、
しっかり蒸してくれたお野菜だったのでこれもおいしかった。

のんびりらいふ@かなだ-パイ

そして、しばらく腹休めでボードゲームをしたり、
ミニカーで遊んだり、おしゃべりしたりしてから
〆にパイをいただきました。

もちろん母さんの手作り。
パンプキンパイにはたっぷりホイップを乗せて。。。
アップルパイにはたっぷりアイスクリームを乗せて。。。
そして、私の大好きなルバーブパイも用意してありました!


食べ終わったら、みんなで持って来たコンテナに残り物を詰め詰め。
明日の弁当用にそしてJamesの昼飯用にたっぷりもらってきましたわきゃっ


今月末には私の誕生日、二日後には3番目の兄さんの誕生日が控えてまして、
またたくさん食べさせてもらえる予定です。楽しみ、楽しみ。

更に肥えないように、明日のバレーのゲームがんばろうっとバレーボール


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
↑ポチッと応援してね♪


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
↑こちらも参加中♪
スポンサーサイト

Categorieカナダの家族  トラックバック(0) コメント(10) TOP

Next |  Back
ターキーを見た途端、目が釘付けです。
こういう丸ごとは一度も食べた事がないんですよね。

Thanksgiving day ..
その国のやり方があって
いいものですね。

Global Rabbit:2009/10/13(火) 13:34 | URL | [編集]

サンクスギビングデーのうんちく知ってますよ~о(ж>▽<)y ☆

アメリカの感謝祭は、北米に移住してきたピルグリム族の最初の収穫を祝う行事から、カナダの感謝祭は、イギリスの探検家マーティン・フロビジャーがカナダに到着し、航海の無事と感謝を祝い、1578年に始めたのが最初のようです。
それと、単に収穫時期がアメリカより早い為というのも理由の一つだそうです。…受け売りですけどーヘ(゚∀゚*)ノ

家庭によっては塩気のきいたハムステーキが出されたりしますが、旦那の家族はpuchnnさんのお義父さまのおっしゃるとおり、クリスマスのメニューとあまり違いがありません(苦笑)。旦那も「感謝祭でもやっぱりターキーだよぅ!!」と言っているぐらいなので、やはりごちそうなんでしょうね…。ちなみにうちの義母も一人でこなしたがり派なので、私はもっぱらテーブルセッティングにまわってます(笑)。私としては楽なので助かりますが!同じですね(´∀`)

それにしても写真はどれもおいしそうですね~☆

みおぼん:2009/10/13(火) 19:15 | URL | [編集]

メニュー、ほとんど同じです!!
読んでてビックリしちゃいました(笑)
これがサンクスギビングの定番なんでしょうか?^^
私はたーくさん食べました♪

リリー:2009/10/13(火) 22:49 | URL | [編集]

日本だと勤労感謝の日や収穫祭がそれらに似た感じなんでしょうけど、カナダのThanksgivingは家族で集まっていっぱい食べたり話をしたりな感じで楽しかったですよ。

puchnn:2009/10/14(水) 08:07 | URL | [編集]

よく知ってますねぇ。私は学校で初めて知りましたよ。しかも、始まりにはまだもう一つの説があるようですし、戦争が終わるまでは日にちもバラバラだったみたいだし、カナダのThanksgivingの歴史はまだ日が浅いみたいですね。

現在はカナダアルバータ州のHousingについて学習中です^^;

お手伝いしなくていいってホント楽ですねぇ。

puchnn:2009/10/14(水) 08:11 | URL | [編集]

たぶんカナダもアメリカも似た感じだと思いますよ。ただ、カナダもアメリカも人種が様々なので、宗教や文化でそれぞれの家庭で違うかもしれないですね。

私の通っている学校は移民者ばかりなので、今日はターキーの話題ですらあまり出てきませんでしたから。

puchnn:2009/10/14(水) 08:14 | URL | [編集]

お料理とっても美味しそう!
ほとんどお母さんの手作りってスゴイ。
またカナダは一ヶ月早いんですね。
サンクスギビングもCOSTCOでいつもの焼けたチキン買ってる人よくみるけど、
家族皆で手作りのお料理食べるって
いいですね~
デコレーションもカワイイですー

cotto:2009/10/14(水) 23:14 | URL | [編集]

だんなちゃんはフィリピン人なので、去年はフィリピンスタイルの料理を堪能しました。きっとカナダ人はまた違う料理なんでしょうね。
パイも超おいしそう!!!

今年はみんなお仕事が忙しすぎてな~~んにも無くてちょっと寂しかったです。

ゆり:2009/10/15(木) 13:25 | URL | [編集]

母さん、何でも手作りしちゃいますねぇ。若かりし頃、ミナナイトの中で育っただけあり、自給自足を大切にしてるよ。

ターキーもチキンも丸焼き、よく見るね。中華系のスーパーなんかは豚の丸干し?もあるしね。すごいよねぇ。

puchnn:2009/10/15(木) 13:45 | URL | [編集]

それまた何だかおいしそうな気がします。基本、アジアン料理はうまいと思う!!

何かいろいろな人のブログを拝見しても、カナダ人ファミリーは同じようなメニューですね。でも、家庭の味はみんなそれぞれだと思うけど。

お嫁さん業、頑張ってくださいな!

puchnn:2009/10/15(木) 13:47 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。