• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’08.24・Mon

幸せ気分♪

今日も引っ越しの片付け。

Jamesは大の本好き。
また、職業柄リサーチの本も大量。
私は読書はあまりしないけど
料理本と限られた作家の本は山ほど。

今まで本棚がなかったので
段ボールから出してはしまいの繰り返しを
しておりました。

が、4ヶ月もこの生活をしていると
慣れるというより疲れ気味。
本好きのJamesは特に。

というわけで、
Kijiji(ヤフーオークションに似た感じ)
というサイトにて本棚をリサーチ。

エントリーされた方のお宅へ
実際見に行ってきました。

年配のご夫婦のお宅で
近いうちに老人ホームへ引っ越すため
少しずつものを処分しているんだとか。

旦那さんは元大工。
そのため、某大型家具センターのものとは違い
手作りでとっても丈夫な本棚だったので
即買い取り決定決定

そして、2つの本棚を購入のはずが、
奥様に気に入られ、残りのもう一つも含めて売ってくれるって。

ここまでは前置き。。。


今日のタイトル
幸せ気分♪
はここからなんです。


帰り際、
ガレッジにもたくさんあるから見て行って!
と言われ、ガレッジを物色。

思わず目に付いたもの。

ミルクガラスマグキャセロール


実は私、1900年代のFire King製品の
大ファンなんです。
と言っても、コレクターではありません。
だって、集めるとなるとかなりお金がかかります。
そんな余裕は家にはないってことは重々承知しております。

でも、この欲求は止められず、どうしているかというと
Fire Kingのことが載っている雑誌や本を買っては
欲求を満たしているというわけです。

そのお陰で、本だけは貯まってますがウヒ


さて、思わず目についたマグですが、
8個で$8。
キャセロール$6。

Jamesに目で訴えると即OKサインOK

マグはFire Kingではないけれど
1900年代に使い込まれたような
Pyrexのもの。

キャセロールをひっくり返すと
F
の刻印が。

これは、フェデラル社のもの。
フェデラル社は1900年に
Beatty兄弟によって設立されたのですが、
実はここにも運命的な出会いが。。。

ブログで苗字公開になっちゃいますが、
ビーティーって苗字なんです。

スペルこそ違いますが、
スコットランド時代はこのBeattyのスペルだったとか。
移住を機にスペルが変わったものの読み方は
そのまま。



のんびりらいふ@かなだ-ガレッジセール
↑この本はコレクション本の一冊。
 お気に入りの一冊です。
 そして本日購入のマグにキャセロール。



のんびりらいふ@かなだ-お気に入り
現在のうちの食器棚の一部。
日本から持参したお気に入りのマグたち。
ミスタードーナツのマグたち。
リサ&ガスパールのマグたち。
奈良美智AtoZのお酒の入っていたグラスたち。
(カナダに来てWalmartで買ったグラスやマグも
紛れてますが゜∀゜

これらのお気に入りに、今日のマグたちも
加わりましたルンルン


実はこの熱狂ファンぶりを知る
JamesとJames家族ですが、
最近までFire Kingの食器たちがあったんだそう。

でも、Jamesの母さんはみんなも持ってるし
違うデザインのものが欲しくって
ほとんどの食器たちをセールしたんだって。

今はいくつかのFire Kingのマグと
サラダプレートが残るのみ。

Jamesも小さい時は私の大好きなジェードカラー
食器を使っていたよと話してたし。
羨ましい限りキラキラ

今現在もアンカーホッキング社は存在するし、
ほとんどがオーブンウェアのクリアガラスだけど、
復刻版も出たりしているのであるといえばあるんだけどさっ。


Jamesファミリーにしてみれば、
なぜこんな普通の食器が
アンティークなのか・・・
なぜ日本ではそんなに高く売れるのか・・・・
不思議なんでしょうねぇ。

つまり、日本事情を知るアンティークのプロではない
一般の、しかも年配の方のガレッジセールで
1900年代のFire Kingたちに出会える日も
そう遠くはなさそうです。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
↑ポチッと応援してね♪


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
↑こちらも参加中♪
スポンサーサイト

Categorie好きなもの♪キッチン用品  トラックバック(0) コメント(7) TOP

Next |  Back
自分が憧れていたものに出会える、
しかも運命的に。。。
これはとっても嬉しいことですね。
私は、Fire Kingの製品というのを見た事はないのですが
puchnnさんのブログを拝見して
とっても興味を持ちました。
かわいい! 

Global Rabbit:2009/08/18(火) 10:32 | URL | [編集]

日本でいいなあと思っても、マグ一つで何千円もするし、中にはホント1個だけでも○万円もしちゃうから、コレクションしようとしたらどれだけお金がかかるかって感じで諦めてました。

でも、こちらでは昔、この製品を結構使っていたし、当時は手軽に手に入れられるものだったのでたくさんの人が使っていたはずなので、ガレッジセールで探してみようと思ってます^^

puchnn:2009/08/18(火) 11:03 | URL | [編集]

これは、かなりの掘り出し物?!
私自信、Fire Kingの存在は知っていても、日本でそんなに価値があるものだって知りませんでした。
あの素朴なアンティークの雰囲気がかわいいですよね(*^▽^*)。
私は、白地に単色のシンプルなプリント柄が好きだな。
って、1つも持ってないんですけどね。でも、puchnnさんのブログ読んで、マグカップとか欲しくなっちゃいました!
そういえば、相方の実家にもFire Kingっぽい食器があった気がします。こっちだともっと手軽に手に入るもんなんですかね??
それにしても、puchnnさんの食器棚に並んでいるカップたちかわいいですね♪うちはそういうかわいいの、全然ないです。唯一一個だけ日本からお気に入りのマグがあるくらい。

メープルドロップ:2009/08/18(火) 12:49 | URL | [編集]

手作りで丈夫な本棚をゲットできて良かったですね!本をたくさん持ってらっしゃる方は収納に悩みますよね。

Fire KingやPylexなどの商品を、かつて働いていた雑貨屋さんで扱っていました。私もPylex製品など大好きなんですが、特にFire Kingはコレクションされているお客様がたくさんいらっしゃって買いに来店されたり、根強い人気を感じました。ホント、マグ一客6000円ぐらいしてました(汗)。よっぽど経済的に余裕がないと破綻しそう(笑)。
モノの大量生産時代の産物だから、本当に日本よりもカナダやアメリカの方が今でもすごい掘り出し物が、驚くような価格で手に入りやすいと思います。せっかく北米大陸に住んでらっしゃるのだから、生活が落ち着いたら本気で探される事をオススメします♪色合い、状態、価格とも納得のいくモノに巡り合えるといいですね☆

フェデラル社との関係、初めて知りました!なんだか運命感じちゃいますね(笑)。

puchnn:2009/08/18(火) 14:23 | URL | [編集]

ホントにいいところで決めたなあと思います。

えー、雑貨屋さんで働いてたんですか。雑貨屋大好きなんですよ。
ホント、どれも高いですよね。コレクションなんかした日には大変なことになるので、書籍で我慢してたんです。

そうですね。当時はスーパーなどで売ってた安い食器ってことで、手軽にみんなが使ってたので、こちらにはまだまだたくさん残ってると思ってました。
アメリカなんかでもアンティークショップだと高値が付いているそうです。きっと日本人向けなんでしょうけど。箱なんかが残っていると更に価値が上がるらしいし。
だから、その辺のガレッジセールに行ってみると意外に掘り出し物に出会えそうな気がしてきました!

puchnn:2009/08/18(火) 14:30 | URL | [編集]

なんだか、引越し早々素敵な出来事ですね
(-^□^-)
幸先よさそうな予感!
きっと、アンティーク好きの方がこの日記
よんだらすごくうらやましがりそうですね!

mami:2009/08/18(火) 19:15 | URL | [編集]

ガレッジセールにはまりそうです^^

私はコレクターでもないし、これじゃなきゃって力んでもいないので、お気楽に探してみようかなっておもってるけど、アンティーク好きの人にしてみたらきっと中途半端な奴と思われそうな気も・・・^^;

puchnn:2009/08/19(水) 01:38 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。