• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2011’05.22・Sun

卵管造影検査

5月19日(木)

ようやく始まった検査(☆)

生理も終わってすぐの初診だったので、
卵管造影検査にすぐ入ることができました。

この検査は生理後、子宮の中に造影剤を流して、
卵管の様子を見たり、レントゲンを撮る検査のようです。

いろんな方の不妊治療の情報を見たり聞いたりすると、
相当痛いらしいというので、とっても緊張しました。

日本では検査の数日前から感染予防の薬だとか
座薬だとか処方されるようだけど、
私の行っているエドモントンの病院では全くそういったものもなく、
普通にご飯も食べてきていいし、
普段通りの生活でいいとのこと。

一応、ナプキンを用意しておくといいねというのと、
検査前にAdvil(こちらの鎮痛剤;頭痛薬)を飲んでおくといいかも、
な~んていう具合に、これといって検査のためにしておくことも
ありませんでした。

私はAdvilのアレルギーがあるので、
ヒスタミンを朝飲んで、
検査前にAdvilを飲んでから行きました。

待合室には同じ検査を受ける人がたくさんいて、
ちょっと安心したかな。

旦那さんと来ている人はわずかで、
一人で来ている人が多かった。

検査ではカナダでよく着る
検査用のガウン?を洋服の上から身につけました。
下だけ脱げばOK。

診察室もとてもきれいでした。

検査が始まると、
ジョークの好きなドクターが

すぐ終わるから大丈夫よ~。

と言ってくれて、

ナースも

大丈夫?

と何度も聞いてくれるほど親切で、安心して検査を受けられました。

癌検診と同じような痛みと
生理痛と同じような痛みがあっただけで、
あっという間に終了。

貧血で倒れる人もいるらしく、
検査終了後、1~2分横になってから
ゆっくり起きて、着替えをしたらそのまま帰っていいよとのこと。

ナプキンやタオルを渡されました。
カナダにしては至れり尽くせりな感じでした。

Jamesも予備知識をつけてから行ったので、
とっても心配していましたが、
予想外にケロッとして出てきた私に驚いてました。


その後、血液検査もついでにしに行くことにして、
私とJames、二人の血液検査をしました。

緊張もあり、少しまだ出血もあり、
鈍い生理痛のような痛みも少し残っているのもあり、
帰宅後、ものすごい睡魔に襲われました。

昼寝の後は、いつも通りの宿題をこなし一日が終了。


しばらく鈍い痛みと出血が続くようですが、
普段の生理痛が激しい分、
特に検査の痛みが生活に支障を来すこともなさそうです。

よかった~。


ちなみに卵管の通り具合を映像で見ましたが、
ドクターは
ノープロブレム!
って笑顔でした。

詳しい検査結果は8月。


ひとまず第一段階終了です。


こちらもポチ↓と応援お願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
↑ポチッと応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
↑こちらも参加中♪















スポンサーサイト

Categorie不妊治療@かなだ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。