• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2010’08.03・Tue

チンチン電車

7月30日(土)
やっとリアルタイムに追いつけそうな日付になりました。

2ヶ月に1回くらいのペースで
ファーマーズマーケットへ出かける私らですが、
前回行ったときにファーマーズマーケットの裏手に
1両編成の電車を見たんです。

その後、よく訪問させてもらってるブロガーさんの記事に
この電車のことが書いてあって、
いろいろ情報を得たので
Jamesに、もう少しリサーチしてもらって
この日行ってきました。

なんでも日本のチンチン電車も走っているということだったので、
それを楽しみに行きました。

朝一の電車に乗ろうと張り切って現地に到着。
8.1 012

駅のところに、チンチン電車(ストリートカー)の博物館もあったので、
始発まで見学することに。

館内はとっても小さかったけど、
私の好きな電車のことがいっぱいありました。
館長さんらしき人に日本の電車のことやら
ここのチンチン電車のことやら聞いてみました。

日本の電車は大阪の阪堺鉄道、今は南海鉄道だそうですけど、
その私鉄から一両もらって、部品を分解して
カナダの電車に使う予定だったんだって。
でも、よく見ると状態もよくって、分解するのは勿体無いってことで、
整備してそのまま走らせることにしたそうな。

他にはオーストラリアのメルボルンを走っていた
ストリートカーやドイツのストリートカーがあります。
私の大好きなFort Edmonton Parkのストリートカーの歴史も
展示してありました。
スペシャルな時しか走らせないストリートカーもあるんだって。
すっげーなー。

んで、今日は日本のチンチン電車に乗れるのかな?
って聞いたら、残念ながら週末は走ってないとのこと。

私がとっても残念そうな顔を見せたもんだから、
館長さんが特別に整備室へ案内してくれました。

8.1 018
ジャジャ~ン。
これが1921年~1989年代に日本で走っていたチンチン電車。
運転席に入って記念写真!

8.1 014
手すりの広告やブザー掲示もそのまんま。

8.1 016
古い広告もそのままありました。

8.1 017
運賃箱も残してあったよ。

整備室にはドイツの電車も待機していました。
8.1 021
こちらは新しめの1970年代のドイツを走っていた電車。




そうこうしているうちに、始発の電車が駅へ到着。
8.1 022
今回はオーストラリアのチンチン電車に乗車です。

思ったとおり、人がまばらで
思い通りの席を確保できました。

8.1 039
切符も車掌さんにパチンと切ってもらいます。

電車はストリートカーの路線が世界で一番高いところに
あるという架橋を渡り、ジャスパーアベニューまで行きます。
途中、運転手さんとは別の車掌さんが
バスガイドさんのように、いろいろ案内をしてくれました。

8.1 028
トンネル内ですが、若者たちがスプレーで
トンネル内を落書きで埋め尽くしてしまったようで、
美術館よりもアートなトンネルだよ~
って、車掌さん皮肉ってました。

トンネルを抜けると・・・
8.1 029
川も見えてきます。
電車内の木の枠の窓ガラスに
茶色いシートも
私を大興奮させました。
こういうの大好きです。

8.1 030
世界一の架橋から。

往復で40分くらいのチンチン電車の旅でした。

何度乗っても飽きないと思うので、
また乗りに行くだろうと思います。

こちらもポチ↓と応援お願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
↑ポチッと応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
↑こちらも参加中♪


















スポンサーサイト

Categorieお出かけ@カナダ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。