• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’11.12・Thu

今日は(追記あり)

11月11日はカナダでは

Remenbrance Day

という祝祭日になります。



今月に入ってから胸元に赤いポピーの花を付けている人が増えていました。

のんびりらいふ@かなだ-Remembrance Day

これ、安全ピンではなくただ針が付いているだけなので
多少危険ですが・・・・
募金をして一つ手に入れました。

募金したお金は、義足を作ったり、
様々なボランティアに使われるそうです。


このRemembrance Dayですが、
日本でいう、終戦記念日のような日で
戦没者を追悼する日ということで、休日なんだそうです。
(リリーさんのコメントから調べてみたところ、
オンタリオとケベックだけは休日ではないそうです。
きっとイギリス圏とフランス圏の関係なんでしょうね。
でも、セレモニーの中心はオタワなのに・・・)



昨日の授業では午後からこのRemembrance Dayに
関わる授業が続きました。



(復習も兼ねて・・・・)
第一次世界大戦・フランダース・ポピーなどがキーワード。

第一次世界大戦の終戦日が11月11日で
その日にちなんでのRemembrance Dayなんだそうです。
11時になると、Peace Towerのあるオタワをはじめ、
様々なところでセレモニーが始まります。
1分間の黙祷をしたり、リースを掲げたりします。


なぜ、このポピーの花を胸元に付けているのかというと、
第一次世界大戦の激戦地となったフランダース地方の草原には
このポピーが辺り一面に咲いていたんだそうです。

また、いろんな意味が加わっていて
負傷者・戦死者たちの流した真っ赤な血。
ポピーの花言葉「慰め」「忘却」「眠り」などがある。
このポピーから取れる麻薬が負傷者の痛みを和らげていた。
などなど。。。

それで、この花がRemembrance Dayの象徴となっているそうです。


また、この戦争で仲間を失った軍人が書いた詩も読まれるそうです。
詩には、普段会話では使わない表現が入るので日本でも
詩の学習は難しいですが、
詩は情景をイメージできるので
"In Flanders fields"は結構悲しい詩に感じました。
(↑これ、Jamesが前に教えてくれてたのもあって理解できてたのかもですが)



昨日の授業の最後は
クラスメイトにそれぞれの国のRemembrance Dayのようなものについて
インタビューをするという、なんともシリアスなものでした。

よく、戦争なんかの話になると
対日感情のある国なんかには
日本は叩かれる話をよく耳にしていたんですが、
幸い、今のクラスの仲間は中国人もたくさんいますが、
私の話もよく聞いてくれる仲間たちで、
以前もこれ系の話になったときは
日本だけが悪いんじゃなく、
どこの国でも争いがあって、
今でも大変な思いをしている国もたくさんあるんだし、
私たちには平和を保っていくことが一番大事だと思う
っていうようなことをみんなが思っていて
今回のインタビューでも
各国のいろいろなセレモニーやそのきっかけを
聞くことができました。


中には、自分が幼かった時に
目の前でたくさんの人が撃たれ、殺されっていう場にいた
という人もいるし、国内紛争を逃れて
カナダに移民したという人もいたりして、
改めて平和の持つ意味を実感した日でもありました。


日本では終戦記念日はちょうどお盆の時期と重なっているので
なんともピンときてなかったし、
毎年その日は相撲の観戦をしていて、
お昼の合図とともに脱帽をして
日本の国旗を前に1分間の黙祷をした後は
また相撲の観戦が始まるという
ただの儀式的なものでしかなかったなあと。
昨日の授業や今日のテレビ中継(セレモニーの様子)、
Jamesとの話から
終戦記念日の持つ重みも感じました。



この祝祭日。
Jamesは夜勤のため、只今睡眠中。
私はこれから仕事の準備に学校の宿題とテスト勉強にと
家の中に引きこもる一日になりそうです。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
↑ポチッと応援してね♪


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
↑こちらも参加中♪

スポンサーサイト

Categorieカナダの生活  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
Remembrance Dayについて詳しく教えてもらったの初めて!なんだか毎年募金したりはしてたけど、ぼんやりとしか理解してなかったよ、、、、(*゚.゚)ゞ
敗戦国にっぽん出身だし平和への想いは強い方かなぁ~と思ってたけど、世界中で何が起きてるのかをきちんと知ることも大切だね。。。。。

チャーミー。:2009/11/12(木) 12:16 | URL | [編集]

いいよね~。やっぱり・・・

今の時代の日本に生まれてきて良かったな~って思うもんね。
でも、最近世の中物騒だけどね・・・。
自分たちが、子供の頃が一番平和だったんだろうね。
どこの国にも、沢山いろんなことがあったんだろうね・・・。
いい勉強になりましたm(..)m

ミミ:2009/11/12(木) 21:34 | URL | [編集]

昨日はトロントでも市庁舎で祭典が行われて、たくさんポピーをつけている人を見ました。
私は買いませんでしたが;;
色々な情報が知れて勉強になりました^^
ありがとうございます!歴史を知ることは大切だなぁと年を重なるごとに感じています。
ちなみに、オンタリオは祝日じゃなかったです。。確かアルバータ州とどこかの州だけが休みなんですよね?彼氏が嘆いてました(笑)

リリー:2009/11/13(金) 01:31 | URL | [編集]

まだまだ学んだことがあるんだけどさ。戦争に関するだけに、ブログにはやっぱりいろいろ書けないねぇ。でも、だいたいが伝わったみたいでよかった。

日本の中だけで考える平和といろんな国の人たちと考える平和の重みが違いすぎて、ホントに勉強になったよ。

puchnn:2009/11/13(金) 13:13 | URL | [編集]

日本も近頃は物騒になってきたけど、なんかここに来て日本ってホントに平和な国だよなあって思いました。

これを私らが次なる子たちへ受け継いでいかないといけない責任も感じたよ。

puchnn:2009/11/13(金) 13:15 | URL | [編集]

コメントを読んでから追記しました。ググってみたら、オンタリオとケベックだけは例外だそうです。

第一次世界大戦はイギリスにとっては、第二次世界大戦よりも倍の人が命を落としたために、この日が制定されたみたいなので、フランス圏、イギリス圏の名残が残っているのかもしれないですね。

puchnn:2009/11/13(金) 13:18 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。